カードローン審査でウソをついたらどうなるのか?

カードローン 選び方から先に述べると、カードローンの審査でウソをついた場合はその時点で申し込みは終了、つまり、否決されてしまいます。

虚偽事項を記載するのは、審査に通ってカードローンを利用したいという気持ちから来るというのは理解できるのですが、正直に記載すると希望通りの額を利用できない事情があるということを本人が自覚しているからです。

ウソをつくのは、主に年収と勤め先、そして他社借り入れです。住所氏名などは運転免許証などでその場で確認されますが、例えば、消費者金融などでは50万円を超えない場合や他社との借り入れを合算して100万円を超えなければ収入証明書を提出する義務はありません。それ故、少し多めに書いていてもバレないだろうという心理が働きます。確かに、1万円や2万円程度上乗せしたぐらいではあまり変わりませんが、10万円単位、100万円単位で上乗せすると怪しまれます。というのも、それぞれの金融機関は、年齢、勤務先、所属部署などからおおよその収入を算出することができるからです。それに対して乖離が大きければ怪しまれるだけでなく、収入証明書の提出を求められます。そうなると、その時点でバレてしまいます。

勤め先は、大手の方がよいだろうからと、以前の勤め先を記入したり、役職を偽ったりしても、必ず勤め先に対して在籍確認を行うので、これまたバレてしまいます。

他社からの借り入れがあるのが分かると審査に不利になるからと、申告しなかったりしても、必ず信用情報照会を行い、他社からの借り入れ件数や金額はバレてしまいます。

以上のことから、ウソをついても結局はバレてしまい、自分で自分の首を絞めかねなくなるのです。たとえ少額であったとしても、返済余力のない人や総量規制に違反してカードローンの審査を通してしまうと、貸し手側の責任が問われることにもなるので、厳しくチェックすることになるのです。