カードローンの審査基準は厳しい?

カードローンの審査基準は厳しい?

どうしてもお金が必要となりカードローンを即日で利用したいと思い調べて、数多くある消費者金融の中から一つを決めても審査が通らなければ利用することはできません。審査が通らなかった・・いう話はよく耳にします。

カードローン会社側からみるなら、申込者には返済してもらうことを前提に融資をわけですから、審査基準をクリアしない人には貸すことはできません。ではどのような点を審査しているのでしょうか?カードローンの審査基準として、まず、借りる人の年収がポイントになります。カードローン会社にとって安定した収入の有無は重要な審査ポイントになっています。なぜなら、安定した収入がないとカードローンランキング会社は返済能力がない、と判断しているようです。他の要素としては、書類には勤続年数や居住年数を申告欄もありますが、仕事を何回も変えていたり、勤務数が1年未満だったり、引っ越しが多かったりすることは審査に不利な影響を与えます。もちろん各消費者金融の審査基準のポイントは若干異なっています。しかし、銀行系のカードローンより消費者系の方が審査がゆるいことは確かと言えるでしょう。また、書類に記入した職場に実際に確認の電話が来る在籍確認というものも審査の一環として行われます。その目的は、実際に働いてるのかを確認するためです。さらに、複数のローン会社に一度に申し込むことは絶対に避けましょう。なぜなら、信用情報を照合するときに他社に申し込んでいるのも分かってしまいマイナスイメージを与えてしまうことになるからです。